スポンサーサイト

  • 2013.12.16 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Google Sitemaps

    • 2005.06.06 Monday
    • 11:27
    米Googleは6月2日(現地時間)、「Google Sitemaps」のベータ版を開始したと発表した。
    これは、企業のネットワーク管理者など、自身のWebサイトを管理する人々の力を借りて、Googleが検索可能なWebページの数を増やしていこうという壮大な実験プロジェクトだ。ユーザーがGoogle Sitemapsのページにアクセスして、アクセス可能なURLリストを次々と登録していくことで、それらがGoogleの検索候補として順に登場することになる。 Gmail等で提供されるIDとパスワードを使って「Google Sitemaps」へアクセスすると、URLリストの登録画面が表示される。ここで、XML形式で記述されたURLリストへアクセスするためのURLを投稿することで、自社のWebサイト上でアクセス可能なURL一覧を登録できる。URLリストは手作業で記述することも可能だが、Googleでは「Sitemap Generator」というリストの自動生成ソフトウェアも提供しており、このツールを利用することで処理を半自動化できる。Sitemap Generatorは簡易言語のPythonベースで記述されており、実行にあたっては、Webサーバ上でPython version 2.2が動作している必要がある。 Googleでは、作成したURLリストは将来的にGoogle以外の検索エンジンでも活用できるものだと説明している。また、ApacheやIIS、Notes DominoといったWebサーバがこのURLリスト生成に標準で対応することが、将来的な希望であるという。つまり、GoogleのロボットがURLを収集するだけでなく、Webサーバ自身が能動的にアクセス可能なページ情報を送信することで、検索対象となるインデックスの数を大幅に増やすことが今回のプロジェクトの狙いだ。 このプロジェクトが、ホームページを持つユーザーにどの程度受け入れられ、インデックス増強に結びつくかは未知数だ。Google Sitemaps提供開始を告げるGoogle Blogの解説でも、これが儚い夢に終わる可能性があると考えているのか、あくまで実験であることを強調している。このプロジェクトで一番のメリットを享受できるのはGoogleであり、企業ユーザーはあくまでボランティアという立場になる。ただ、自社ページのURLリストを提供することでインデックスに組み込まれる確率は高くなるし、ひいては検索結果の増加がユーザーのメリットにつながる可能性もある。その意味で、これまで一方的にサービスを受けるだけだったユーザーの協力をどこまで得られるのか、興味深いプロジェクトだといえるだろう。

    スポンサーサイト

    • 2013.12.16 Monday
    • 11:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      人気商品

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      ユリイカ 2007年11月臨時増刊号 総特集=荒木飛呂彦〜鋼鉄の魂は走りつづける
      ユリイカ 2007年11月臨時増刊号 総特集=荒木飛呂彦〜鋼鉄の魂は走りつづける (JUGEMレビュー »)

      ジョジョ立ち ヒストリー、極私的スタンド事典、シビレるぅ、憧れるぅ!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM